CONTENTS

コンテンツ

副鼻腔炎(ちくのう症)のカテーテル治療とは?(Actual catheter treatment example for sinusitis)松根彰志先生が動画で解説!

 

この動画では、日本医科大学・松根彰志教授が、副鼻腔炎(ちくのう症)のカテーテル治療を実際に行いながら、わかりやすく解説します。

This video is an actual catheter treatment example for sinusitis by Dr. Shoji Matsune.

*音声は英語ですが、日本語の字幕がついています。 The voice is in English.

 

カテーテル治療とは

カテーテル治療では、写真のような2か所にバルーンがついたカテーテルを用いて、副鼻腔炎(ちくのう症)の治療を行います。

ダブルバルーンを膨らませて、鼻腔の入り口と奥の咽にまわる手前の部分の2か所をブロックしてふさぎます。

赤矢印のチャンネルから、炎症を鎮めるための薬を混ぜた生理食塩水を注射器で鼻腔内経由、副鼻腔に置換注入あるいは洗浄を行います。

このようにして、蓄膿がたまりやすい副鼻腔の中をきれいにして症状をとります。

この治療を行うのは、急性の副鼻腔炎で頬部の痛み、頭痛、頭重がつらいときや、好酸球性(難治性)副鼻腔炎の術後症例で鼻・副鼻腔局所への薬液(ステロイドなど)局所注入・洗浄で外来通院治療を行うときなどです。

外来で保険治療が可能です。

 

 

NPO最新パンフレットをダウンロードできます!

パンフレットのダウンロードはこちらをクリック>

 

 

♦松根彰志先生のプロフィール

 

松根彰志先生

 

日本医科大学医学部 耳鼻咽喉科学 教授
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の研究をし、慢性的副鼻腔炎の外科手術を得意とする医師。日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科部長も務める。

  • 大阪府大阪市出身
  • 1984年 鹿児島大学医学部医学科 卒業
  • 1988年 鹿児島大学大学院医学研究科 博士課程 修了
  • 1988年~1990年米国ピッツバーグ大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 留学
  • 2000年 鹿児島大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科 助教授 (2007年より大学院准教授)
  • 2011年~日本医科大学武蔵小杉病院 耳鼻咽喉科 部長(臨床教授)
  • 2015年~日本医科大学医学部 耳鼻咽喉科学 教授