CONTENTS

コンテンツ

NEW

花粉症の重症化を防げる!初期療法とは?大久保公裕先生がやさしく解説

花粉症の初期療法とは

2023年の花粉シーズンはここ10年で最も多く花粉が飛散すると予想されています。花粉症を予防したり、重症化を防ぐには?ここでは、花粉症治療の第一人者である日本医科大学大学院・大久保公裕教授が、花粉症の初期療法ついて短い動画でやさしく解説します。

動画の目次

  1. 初期療法とは
  2. 始めるタイミング
  3. 薬はいつまで

 

コロナの嗅覚味覚障害とは?↓

 

花粉症の人のコロナワクチン接種の注意点とは?↓

 

 

「花粉症デジタルガイド 2022年版」をダウンロードできます!

花粉症デジタルガイドの表紙と目次

 

「花粉症デジタルガイド2022年版」(PDF)はこちらをクリック>

 

 

■大久保公裕先生プロフィール

大久保公裕先生

 

免疫アレルギー性疾患を専門に研究し、花粉症治療において日本を代表する医師。国や企業と共同でアレルギー性鼻炎の新しい免疫療法の開発を積極的に進めている。スギ花粉症の舌下免疫療法やゾレア治療法の開発では大規模臨床試験の責任者として治療法確立に大きく貢献した。

  • 1984年 日本医科大学 卒業
  • 1988年 日本医科大学大学院 修了
  • 1989年~1991年 アメリカ国立衛生研究所(NIH) 留学

(現在)

  • 日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部感覚器科学分野 教授
  • NPO花粉症鼻副鼻腔炎治療推進会 理事長
  • 日本耳鼻咽喉科学会 代議員
  • 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 理事長
  • 日本アレルギー協会 理事
  • 「第58回日本鼻科学会総会・学術講演会」(2019年 東京)会長
  • 「第38回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会」(2020年 横浜)会長