TOPICS

トピックス

NEW

「第2回副鼻腔炎カテーテル治療」オンライン講習会開催決定!

カテーテル治療第2回オンライン講習会

第2回「副鼻腔炎カテーテル治療」講習会(オンライン)を開催します

当NPOが発信している「副鼻腔炎カテーテル治療」が大変注目されています。そこで、昨年に続き、今年も講習会を行うことになりました。今回はオンライン形式で行います。

内容は以下を予定しています。

  1. カテーテル使用方法の説明
  2. 患者モデルを使った実技:「副鼻腔へのガーゼ挿入(麻酔)」と「ガーゼ抜去し、カテーテルの使用」
  3. 質疑応答

講習会の概要

  • 日時 2023年4月18日(木)18時~19時30分
  • 形式 オンラインによるLive配信(質疑応答あり)
  • 主催:日本医科大学武蔵小杉病院 耳鼻咽喉科
  • 後援:NPO 花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会、(株)ディヴインターナショナル
  • 講師 松根彰志先生(日本医科大学医学部 耳鼻咽喉科学 教授)
  • 募集人数 10名程度
  • 参加費用 1名あたり1万5千円(税込)
  • 参加費用には、カテーテル1本(*お振込み後、郵送)が含まれています。
  • 講習会終了後に「受講証」をお送りします。
  • Live配信のみで、当日の動画コピーをお渡しする予定はありません。

申し込み方法・締め切り

  1. 当NPOサイト「お問い合わせ」のフォーム「お問い合わせ内容」項目に「第2回カテーテル講習会参加希望」と記入の上、お名前、ふりがな、メールアドレス、電話番号、住所を、すべて書いて送信ください。(「お問い合わせ」はこちら
  2. 締め切り 2024年4月4日
  3. 参加者には、講演会事務局より、参加費振込先などのご案内をメールいたします。

 

 

これが副鼻腔炎のカテーテル治療だ!松根先生が実技を披露↓

 

 

♦松根彰志先生のプロフィール

 

松根彰志先生

 

日本医科大学医学部 耳鼻咽喉科学 教授
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の研究をし、慢性的副鼻腔炎の外科手術を得意とする医師。日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科部長も務める。

  • 大阪府大阪市出身
  • 1984年 鹿児島大学医学部医学科 卒業
  • 1988年 鹿児島大学大学院医学研究科 博士課程 修了
  • 1988年~1990年米国ピッツバーグ大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 留学
  • 2000年 鹿児島大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科 助教授 (2007年より大学院准教授)
  • 2011年~日本医科大学武蔵小杉病院 耳鼻咽喉科 部長(臨床教授)
  • 2015年~日本医科大学医学部 耳鼻咽喉科学 教授